いつでもどこでもシンクライアント

シンクライアントとは、ユーザーの使う端末には最小限の機能のみを持たせ、サーバー側に処理を集中させたシステムアーキテクチャを指します。シンとはthinつまり薄いという意味です。シンクライアントの方式はこれまで、ネットワークブート方式やブレード方式などが考えられてきましたが、現在の主流は仮想デスクトップ(VDI)方式です。その実現方法にはオンプレミス型やクラウド型があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。近年注目を集めているのがリモートPCアレイ(RPA)です。超小型PCを集約して並べ1つのサーバーのような形態になっているもので、1ユーザーが1つのPCに割り当てられているため、特定のPCがダウンしても他のユーザーに全く影響が及びません。

VDIと働き方改革の関連とは?

政府は働き方改革に本腰を入れ始めています。そんな中にわかに注目されているのがVDIです。ユーザーはネットワーク環境さえあれば、どこからでも遠隔地のサーバーにログインして仕事が出来ます。手元にデータが残らないため、セキュリティ面で大きなメリットがあります。首都直下地震や南海トラフ地震といった大災害が予想されることなどから、BCP/DR対策の観点からも有効性が指摘されています。VDIを利用した在宅勤務など、多様なワークスタイルの可能性に期待が集まっており、大手IT企業などでは積極的な導入が進められています。企業側の課題はシステムの整備と社員へのデバイス選択肢の提供です。システム構築にどのような方式を採るかは大きな課題であり、特に中小企業などでは費用がネックとなってVDIが導入できず働き方改革が進まないという問題があります。

中小企業にシンクライアントを実現するための救世主?

リモートPCアレイは、超小型PCを繋げてVDIサーバーの代わりとするもので、少人数の企業でもVDIが実現できる方法です。人数が増えても低コストで追加するだけで済むためコストパフォーマンスに優れます。これにより、初期コストのかかるオンプレミス型や、セキュリティ面で難点を抱えるクラウド型を使わずにシンクライアントが実現できるのです。労働者は外出時や自宅からでも、臨機応変に仕事ができることになります。労働時間をより自由に管理できるようになり、働き方改革を進める契機となるでしょう。今後は労働基準法が改正されることが予想され、より働き方改革に積極的に取り組んでいくことが求められています。RPAが中小企業のVDI導入の救世主となれるかどうかに注目が集まっているのです。

仮想デスクトップサービス向けに性能保証を提供し、サービスレベルごとの課金ができるようにします。 ストレージ管理工数を98%削減する簡単なストレージです。 単一のストレージスステムで、数千台もの仮想デスクトップ(VDI)をサポートし高速かつ安定に稼働。 2Uのサイズで最大5千台もの仮想マシンを安定稼働させることが可能。 シンクライアントのことならティントリジャパン!